特別費という「資産」プランニング!

◎次は特別費をプランニング!

毎月は使わないけれど、1年のうち必ず使用する経費が特別費。
特別費を予算に加えることで、毎月先取り貯蓄ができるようになります!

「備品費」「積立」「お給料」「予備」で考えていきましょう。


①備品費

◆サロン系のお仕事なら

・商材仕入れ
・タオル買い替え
・備品(スポンジ・洗剤など)
・インテリア費
・返礼品費


②積立

高額な支払いに備えるための積立です。

・もしパソコンが急に壊れてしまったら!
・エアコンが壊れてしまったら!
・ベッドを買い替えないといけない!
…こんな急な出費に備えたり、

・いつか受けたいセミナー代♡
・いつか撮りたいプロフィール写真♡
…などいつか叶えたいことへの積立


・サービスの年払いの支払い積立
・税金分の積立
…なども毎月積み立てておくと安心です。



③お給料

個人事業主にお給料はありません。
でも自分で稼いだお金から、美容院費や衣服などを支払っている人も多いはず。
敢えて「お給料」として計算しておくと、お金の流れがスッキリします。

例えば、
美容院1.5万円×4回=6万
服・メイクなど 1万円×12か月 
ーーーーー 
合計 18万(月1.5万)

わたしの場合、毎月のお給料は1.5万円♡

④予備

「今月は使いすぎた!」「予定外の出費が!」という時に補填ができます。
月3000円など、毎月積立式にすると、気が楽です。

余裕があるならば「予備費10万」は必ず金庫(口座)に入れておく!と決めておくのもいいですね。

◎特別費は、合計でいくらになりましたか?

わたしは60万円が1年間の特別費となりました。
12か月で割ると、1カ月5万円ずつ金庫(口座)に保管していくことになります。

急な高額出費に焦ることがなくなり「お金があるー!」という嬉しい状態に♡


個人事業主は収入が不安定だからこそ、この特別費のプランニングは必須です!

Print Friendly, PDF & Email