固定費

◎固定費ほどスッキリさせたい

家賃や水道光熱費・通信費などは、青色申告で「家事按分」していると思います。

おうち起業の場合、これらの経費は家計と一緒なので「どうやりくりすればいいの?」とわかりにくいです。


おうち起業の場合、もしご家族のお給料で家計がすべて回っているなら予算設定ではゼロ円でいいです!
※青色申告の時は、家事按分して計上できる項目は忘れずに記入を。


おうち起業の場合、一番厄介なのが「毎日の食費」ではないでしょうか。
お給料の範囲でやりくりするのが一番いいですが、そうは言ってられない場合も。


我が家は、大体5万円を家計に入れないと回りません。
この場合、固定費として5万円を予算に組み入れましょう。

※もちろん食費は経費にはなりません♡




◎リアルなおうち起業の売上目標!

「やりくり費」「特別費」で計算した額はお仕事の売上目標でしたが、固定費も加えると…

(わたしの場合)
やりくり費 7000円
特別費 5万円
固定費 5万円

合計10万7000円 となります。



◎売上が予算設定した額よりも、毎月高かったら♡

もし生活防衛費(大体180万~300万前後)が貯まっていなかったら、優先的に貯めてみてください。

◎収入がどんどん増えますように♡

10万円の収入。
個人事業主なのに少なーい、と思う方もいらっしゃれば、10万円売り上げられたらいいなーというかたもいらっしゃると思います。

収入は、どんどん増えた方がいいに決まっています^^

個人事業主の場合は売り上げに波があるので「この額を毎月売り上げられたら、しあわせ~」の最低ラインが分かると、事業を続けていくうえでココロがずいぶん軽くなります♡

Print Friendly, PDF & Email