ざっくり把握・予算設定♡

まずは大まかなイメージを掴んでみましょう!

◎予算設定の3本柱♡



①やりくり費
②特別費
③固定費

早速ひとつひとつ見ていきましょう(#^.^#)

◎やりくり費をあらいだせ!

Ⅰ.やりくり費とは、毎月使っている経費のこと。

・お花代
・お茶菓子代
・消耗品費(文具、日用品系)
・会議費(コーヒー代)
・毎月払いしているサービス利用代
 (リザーブストック、アマゾンプライム、canvaなど)

他にも毎月支払いがあるものは「やりくり費」で考えます。

やりくり費のイメージは「どんぐり」。小さい額で毎月毎月支払う経費です。
どんぐり





◎特別費で1年をまるごとつかむ!

Ⅱ.特別費とは、毎月は使わないけど必ず必要な経費のこと。

・商材の仕入れ
・備品費(スポンジやアロマ、洗剤など)
・インテリア費
・パソコンの買い替え
・年払いのサービス利用代(サーバー代など)
・いつか受けたいセミナー・レッスン代
 (未来資金)
・美容院費や自分の美容代も入れてもOK
 (確定申告では経費になりませんので注意)

特別費は「宝箱」のイメージ。使う時まで大切に保管しておく経費です。

◎固定費ほどスッキリさせたい。

Ⅲ.固定費とは家賃や水道光熱費などのこと。

おうちサロンの場合、家賃・水道光熱費・通信費などは「按分」して青色申告しますが、家計とごちゃごちゃになりやすいです。

家族のお給料だけでこの固定費を支払えている場合【ゼロ円で予算設定をすればOK】です。


しかし!売上の一部を《家計》にまわさなきゃ~~という時ありますよね。
旦那さんのお給料のみで家計を回せればいいのですが、我が家は足りなくなる場合がほとんどです(;^_^A

厄介なのが、毎日の食費などではないでしょうか。
ギリギリで《家計》も《サロン》もやりくりしていると、現金がない!という事態になります。


《家計》にも売上を回さないといけない場合は、固定費として「毎月〇万は家計に」と大まかな予算をたてておきましょう。 

食費などお仕事に関係のないものは青色申告では計上できませんが、予算設定では「家計」も視野に入れて考えるとスッキリしますよ。

◎予算設定のおおまかなイメージはつかめましたか?


お仕事によってやりくり費や特別費の内容は変わってきますが、どんなお仕事でも
①やりくり費
②特別費
③固定費

この3本柱で考えていくとわかりやすくなります。
(ちなみに家計もこの3本柱で考えるとスッキリします♡)

Print Friendly, PDF & Email