小さなサロンで夢を叶える♡

◎魅力がいっぱいのおうちサロン♡

おうちサロンは、小さな小さなサロン。
だからこそ「来たいな」と思ってくださる方も多いです。

・丁寧に対応してくれそう
・ガツガツ売られる感じがなくて安心♡
・ゆっくりできそう


仕事をしている自分にもメリットはたくさん♡
・手に職をつけて、家で仕事ができること。
・自分の力で稼げること。
・子育てと家事と仕事を両立できること。

唯一大変なのは、家の掃除でしょうか(;^_^A


◎「稼ぐ」ことが優先になりすぎると失うもの。


「月に100万稼いでます!」とか
「毎月100名のお客様をお迎えしています」

と人気の皆さまの発信を見る度に、
100万円くらい売り上げられる“価値ある人”にならないとダメなんだな、と勝手に思いこんでしまっていた時期があります。

月100万円って本当にすごいです。
わたしも達成したことがありますが、朝から晩まで働いて物販もたくさん売って、休日は疲れて寝ているだけでした(;^_^A

おうちサロンになってからも「月100万円」を目指したことがあるのですが
休日のファミリーデイが失われてしまいました。
(今は平日のみのサロンにしています)

◎たくさん稼ぐことより目指したかったもの

一番は、家族との時間です。
休日は一緒にどこかに出かける。 
平日はいつも家にいて「おかえりー」と言う。
17時くらいには仕事を終えて夕食準備。

自分の時間も大事でした。
たくさんのお客様で予約いっぱいにするよりも、1カ月に10名さまを丁寧にお迎えするくらいがちょうどよいとわかりました。(今は♡)
他の時間は家を片づけたり、インスタやブログで発信したり、趣味を楽しんだり。

みなさんはどうでしょうか(#^.^#)
やっぱり「100万円稼ぐのに魅力を感じる」というかたもいれば、
「なんで100万円目指してたんだろー?」というかたもいるはず。

◎自分の幸せを叶える現実的な売上目標を立てる

「予算設定」の良いところは、現実的な売上目標がたてられることです。

「叶えたいこと」と「必要経費」の予算を洗い出して売上目標を計算するので、

・夢は叶うし
・売上目標が達成しやすい!!!



100万円を目指していたわたしは、
6.5万円を売り上げれば夢を叶えることができる人でした。


6.5万円の売り上げ目標って、少ないですよね^^
でも「100万円」を目指していた頃は、例えば10万円をお客様から頂いていても感謝ができていなかったんです。

達成できてない!まだまだダメだって…



◎お客様から頂くお金を大切に扱えるように♡


今は6.5万円達成すると「ひゃっほーーい」ってなります(#^.^#)
さらに10万円を超えれば「これで貯金が増えるぜ」とにやけるほどになりました。

お客様からお金をいただくことに、昔より感謝できるようになっています。

ちょっと前は、お金がなくなることやクレジットの支払額ばかり見て、モヤモヤしていたんです。

それが今月いただいたお金に感謝できる。予算設定をしたからこそ、自然にできるようになりました。

◎小さなサロンで夢を叶えよう

おうち起業、ママ起業、ひとり起業、そして副業。
今はいろんな起業の形があります。


自分が働くことで誰かを幸せにできて家族も幸せになって、そしてなにより自分も幸せになるのが、おうちサロンのいいところです。
「予算設定」をすることで、心地よくお仕事を続けることができるができるはずです。

おうちサロン*家族全員が幸せになるために

豊かでしあわせな起業家が目標です♡

◎目指す貯金目標があります

家計再生コンサルタント・横山先生の著書
「ゼロからわかる! フリーランス、自営業のためのお金の超基本」を読んで、目標にしている数値があります。

それは180万円の貯金!!!!


個人事業主でひとり起業の場合
生活費の「1年分」を貯金しておく!


ママ起業・副業・おうちサロンなどで
家族がサラリーをもらっている場合
=生活費の「半年分」を貯金しておく!


横山先生の著書では、まずこの貯金を優先しよう!と書かれています。


絶対に手を付けないで貯金しておく「生活費」。
いくつかの会計の本を読んで「生活防衛費」とも表現されていました。


緊急事態でも経験したように、急に収入がなくなることがこれからまたあるかもしれません。
もしくは家族が仕事ができなくなった時や入院などの不測の事態に備えるための「生活防衛費」

我が家の場合・ 月30万円×6か月分=180万円を目標にしました。
生活防衛費180万を2年~3年かけて貯めていく予定です。

いつも貯金なんてできなかったので180万円は正直できるか不安です。
一緒にがんばりましょう(>_<)



◎「生活防衛費」の目途がついたら♡

次は、退職金や老後資金を考えることをオススメされています。

・つみたてNISA
・小規模企業共済

これらの控除がきく積立をしていくことで、なんとなんと
20年後には3000万円近く貯まっている可能性が高いです!


つみたてNISAと小規模共済には毎月掛けられる限度があり10万円ほど。
10万円を20年間毎月積み立てるということですね。


投資・運用などネットにはたくさん書いてあるのですが、
ありすぎて全く手が付けられなくなってしまうので、横山先生やyoutubeで有名な「両学長」がオススメしていた、この2本が間違いないのかなと思っています。


わたしは、つみたてNISAは3000円から。
小規模企業共済は1万円からスタートすることにしています。


生活防衛費が貯まって、おうちサロンの売り上げも上がるようになったら毎月10万円を投資にまわしていく予定です!

◎まとめ

まずは「生活防衛費」を貯めて万が一に備えましょう。
「投資」は3000円~の少額からスタートするのも◎

老後資金として貯められるつみたてNISAや小規模企業共済は「控除」の対象になっています。売上が上がったら、経費をバンバン使ってしまうよりも「積立・投資」に回せたらいいですね♡


おうちサロンの会計を見直すことで「未来への安心」も「老後への余裕も」築くことができます。
家族も未来もしあわせで豊かになるように「お金」と仲良くなっていきましょう!

詳しくは横山先生の著書が本当にオススメです(#^.^#)

予算設定・はじめの一歩

なにからはじめればいいのか説明していきます^^

◎予算設定の3本柱♡

設定すべき予算には3種類あります。

①固定費
②やりくり費
③特別費

おうちサロンのお金管理は、どうしてもプライベートとごちゃごちゃになりがち。
家賃や水道光熱費、ネット回線などなどの「固定費」は《家計》と一緒になってしまうので、別で考えると楽です♪

◎やりくり費と特別費をあらいだせ!

Ⅰ.やりくり費とは、毎月使っている経費のこと。

・お花代
・お茶菓子代
・消耗品費(文具、日用品系)
・会議費(コーヒー代)
・毎月払いしているサービス利用代
 (リザーブストック、アマゾンプライム、canvaなど)

毎月支払いがあるものは「やりくり費」で考えます。

例えば、他店調査費としてマッサージを受けている、研究費として、本を必ず買うようにしているなど、毎月「これは必ず支払う!」と決めているものがあれば「やりくり費」になります。

やりくり費のイメージは「どんぐり」。小さい額で毎月毎月支払う経費です。
どんぐり




Ⅱ.特別費とは、毎月は使わないけど必ず必要な経費のこと。

・タオルの買い替え
・商材の購入代金
・備品費(スポンジやアロマ、洗剤など)
・インテリア費
・トリートメントベッドの買い替え
・パソコンの買い替え
・年払いのサービス利用代(サーバー代など)
・いつか受けたいセミナー・レッスン代
 (未来資金)
・美容院費や自分の美容代も入れてもOK
 (確定申告では経費になりませんので注意)

特別費は「宝箱」のイメージ。使う時まで大切に保管しておく経費です。

◎現実的な売上目標を計算してみよう!

毎月のやりくり費はいくらでしたか?
わたしは、7000円に設定しました(#^.^#)

次に特別費の合計を12で割ってみてください。
わたしは、4.5万円になりました。


7000円+4.5万円を合計すると5.2万円。
これが私の毎月の売上目標の最低ラインです。

◎ほかに必要なもの

おうちサロンの売上の一部を《家計》にまわさなきゃ~~という時ありますよね。
主人のお給料のみで家計を回せればいいのですが、足りなくなる場合多いです(;^_^A

《家計》に5万円入れるなど金額がはっきりしていれば、先ほどの売り上げ目標にプラスしてみましょう!


《家計》を考えるときの予算設定はブログにまとめています。


◎予算設定のおおまかなイメージはつかめましたか?

おおまかなイメージがつかめていれば成功です!
現実的な売上目標がわかると「無理して高い目標を目指さなくても良かったんだー♡」と気持ちがとっても楽になります。